私のゴルフライフ

私のゴルフライフ

冬こそゴルフ場に出かけよう、特典がいっぱいだ!

冬こそゴルフ場に出かけよう、特典がいっぱいだ! 冬はオフシーズンと言うけどプロの世界だけです。 冬はコンデションが難しいのでプロでも良いスコアは出ません。 カチカチに凍ったフェアウェイやグリーンは難しすぎるのです。 ギャラリーが集まりません。
私のゴルフライフ

ゴルフ場の行き帰りどうしてる?

乗せて貰う場合のマナーと心得です。 ゴルフ場に自分の車で、ひとりで行く場合は何の問題も起きません。 問題がおきるのは仲間を迎えに行く時と、乗せて行く場合です。 たとえゴルフ仲間でも乗せて行く方は大仕事です。 洗車や車内の整理と色々と仕事はあるのです。
私のゴルフライフ

ゴルフは仲間と楽しくプレーするのが一番です。

ゴルフを始めたら上達も大事ですが仲間作りはもっと大事です。 「ナイスショット」「ナイスパット」「ナイスパー」「ナイスバーディ」 「ナイスリカバリー」「ナイスアプローチ」等々と言ってくれる、 「ゴルフ仲間」が一番大事です。
私のゴルフライフ

菊池絵里香プロ、大王製紙エリエールレディスオープン最終日

菊池絵里香プロ、残念逆転優勝ならず。 しかし予選最下位50位から9位タイフニッシュ。 50位から41人抜きの痛快ごぼう抜き快挙ですよ。 大逆転優勝を本人も狙っていたと思います。 最終日は3アンダーの69でノーボギーは素晴らしいです。
私のゴルフライフ

菊池絵里香プロ、3日目怒りの大爆発9アンダー

菊池絵里香プロ、歴史的追い上げ優勝なるか? 大王製紙エリエールレディスオープン3日目 菊池絵里香プロ最下位50位の予選通過から39人の痛快ごぼう抜き。 10アンダー11位まで上がってきました。
私のゴルフライフ

ゴルフ日和にプレーが出来るのは幸せだ。

ゴルフ日和にプレーが出来るのは幸せだ。 「シニアゴルファー」でも夢がある。 秋晴れの高原のゴルフ場はコースの木々も色づき、 フェアウエーも少しずつ緑が薄くなり冬が近いです。 同じ年齢69歳、シニアゴルファーK氏と遊びのプレーです。
私のゴルフライフ

私が応援している好きなプロは現在三人います。

菊池絵里香・吉本ひかる・金澤志奈プロです。 優勝争いか上位での活躍を楽しみにしています。 一番の魅力はプロゴルファーの前に「女性らしさ」があるところです。 2020年度のシード権は安心出来るランクに居ます。 残りのシーズンは「ガンガン」行って欲しいと思います。
私のゴルフライフ

ゴルフの前夜はクラブを磨いて昭和の時代は常識でした

昭和の時代は100%キャディさんが付きました。 スタート前にクラブ確認をキャディさんと行います。 この場面でキャディさんに綺麗なクラブを見せる事が、 大切だったのです。 汚いクラブを持ち込む事態、絶対に許されない行為でした。
私のゴルフライフ

ゴルフ場は高級車で行く、軽自動車や大衆車は論外です。

昭和の時代は常識でした、4人一組も普通でした。 ゴルフを始めた人はゴルフ場に行く為だけに、 車を買い替える時代でした。 ワゴンやワンボックスは選択肢にはありません。 セダンオンリー、トランクにキャディバックが4個積めることが、 最低条件でした。
タイトルとURLをコピーしました